開催中の展覧会

うちわ展~広告・国策・美的感覚 うちわで見る、明治から昭和~

平成29年は、「うちわ展」を開催いたしております。

開催期間 : 平成29年1月14日 ~ 平成29年12月17日

古来、儀礼よりはじまったうちわは、江戸時代に大衆に広まったことから、炊事や夏場の清涼道具装いなど実用的なものとなり、明治以降、広告媒体として広く活用されるようになりました。
 明治以降のうちわの図柄は日本の風物詩を表した情緒あふれるものから、楽しい図柄で商品を宣伝するものまで様々あり、どれも時代を色濃く表しています。
その図柄から、時代の流れが見えてくるかも? 

そんな明治から昭和初期を中心にしたうちわと、うちわの元図、約300点を展示しております。

戦争と平和展

昭和10年代の世界地図や、真冬のシベリア横断という世界的偉業を成し遂げた福島大将の遺品、日清戦争の絵巻物など。 

羽子板

最近見かけなくなった羽子板。
300年近く昔のものから、近年のものまであります。

ベンツSSK(レプリカ)

外庭にてベンツSSK1929(CLASSIC MOTOR CARRIAGES製レプリカ ガゼール)を展示。

着物

金刺繍の素晴らしい打掛や夏用の振袖、子供の着物など100点を展示。

お酒のラベル

明治時代のお酒と醤油のラベルやポスターを展示。

その他

その他、「東郷平八郎の書」や「丸山応挙の掛軸」など、良く知る方の品々や、屏風など、どの様な方にも1つは「見れて良かった」と思っていただけることをコンセプトに、様々な品を展示しております。

ブログ「いろはにほへと」でも、展示情報をお伝えしております。

 

このページの先頭へ